ごあいさつ


たてやまつるぎ在宅ネットワーク会長 植野克巳

 中新川郡も高齢化に向かい、様々な病気や障害を持ちながら、ご自宅で生活を続けておいでの方々がたくさんいらっしゃいます。そのような方々が、安心して生活でき、安心して医療を受けられるためには、医師がご自宅にうかがう訪問診療だけではなく、様々な介護サービスも必要ですし、看護師が訪問して看護することも必要でしょう。薬剤師の訪問指導や歯科医師の訪問診療が必要なこともあると思います。行政機関の援助も不可欠です。もちろん、病状の急変時は、入院治療も受けていただきますから、病院の支援も必要です。このようにたくさんの職種の人たちが、力をあわせて患者さんのご自宅での生活をお助けして行こうと考えて、平成25年4月に、たてやまつるぎ在宅ネットワークを立ち上げました。
 在宅で生活しながら治療を続けようとお考えの方は、本ネットワーク参加施設にお気軽にご相談ください。